北海道ではロングムートンブーツは女子高生のもの

みなさんがファッションの一つに取り入れている

ロングムートンブーツですが、

もともとはオーストラリアで1930年代のころから

愛用されていたものです。

 

ここ何年かでは日本でも流行し始め、

今では老若男女幅広い層に需要があります。

 

ロングムートンブーツは保温性が高く、

氷の上でも滑りづらいなどの理由から

北海道ではとても好まれています。

 

特に、女子高生の間では、当たり前のように

こぞってはいているのが見て取れます。

 

北海道の女子高生たちはルーズソックスの流行が途絶えるとともに

いち早くムートンブーツを取り入れ、

今でも冬になるとその光景を目にすることができます。

 

しかし、それだけにとどまることなく、

日本ではムートンブーツが広く流行しています。

 

フェミニンなミニスカートに合わせたり、

ジーンズをはいてブーツインしたりなど、

ファッションの幅は広く有効に活用されています。

 

また、ロングムートンブーツだけではなく、

最近では、ショートムートンブーツや、

上のほうを折り曲げ中の生地を見せながらはくなど

種類も豊富にあることなどから人気が絶えない理由とも言えます。

 

しかし、本物のムートンブーツは価格が高く、

お手入れも難しいことから、最近では価格も安く

お手入れも簡単なフェイクムートンブーツというものが出回っています。

 

よりたくさんの人がムートンブーツを活用できるよう

リーズナブルに変化しているのも時代の流れと言えそうです。

北海道の女子高生たちにとっても

お財布にやさしくおしゃれを楽しめる一つになっていることは間違いありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL